03.配送について

ネットショップの欠点を知って配送を検討

配送を検討するというネットショップの準備作業は、 単純に運送会社と契約し、運賃体系をネットショップに掲載するといった単純な作業ではありません。

当たり前ですが、実店舗でのショッピングでは送料は発生しません。 また購入した商品をすぐに利用することはできません。 みなさまが扱っておられる商品の全く同じものがお客様の近くのコンビニで買えるものだったら… ネットショップの持つ致命的な欠点をどのようにしてフォローするのか。

くどいですが、ここで自分ひとりで悩んではダメです。まずは先人たちの知恵を学びましょう。 つまり、同業者様のネットショップが送料についてどのようなフォローをしているのかを調べ、 次にご自身のアイデアを加えるという順序で検討すると、 解決の近道になると思います。

欠点その1.ネットショップで購入したら運賃がかかってしまう

商品の利益率から考えて全国運賃無料にできればベストです!特に北海道や沖縄の方はネットショップで買い物をする場合、送料が高い事を経験上知っていますので、そこをクリアすれば、北海道や沖縄のお客様にもPRできます。次に***円以上無料という恰好で、ある程度以上の購入金額を誘います。その場合にはまとめ買いに適した数百円程度の商品を多数そろえておくことが必須条件になります。次に会員登録をした方のみ送料無料という恰好で会員様を囲い込み、リピーターになっていただける努力を実施します。現在ならfacebookページで「いいね」を押して下さった方だとかLINE@の友達になっていただいた方だという戦略もあります。消耗品の場合は定期購入のシステムを導入し、定期購入者は送料無料という策を講じているショップもあります。一番悲しいのは、無策のままで物流会社から提出された見積もり表をそのままネットショプで公開しているケースです。お客様は運賃に敏感です!その事に対応できないショップはどんどん淘汰されてしまいます。

欠点その2.ネットショップで購入したら納期がかかってしまう

お客様は購入ボタンを押した時点から商品が届くのを楽しみにしています。それが深夜であろうと祝日であろうとショップ側の都合はあまり関係ありません。一番大切な事は「お客様にその商品がいつ届くのかを正確に伝える事」そしてそれが届かなかった場合の「問い合わせ先を案内する」事になります。クレジット決済や代引きで商品の注文がショップに届いた場合はすぐに出荷し、送り状に記載された問い合わせ番号をメールで連絡する事。銀行振込、コンビニ振込といったお客様からの入金を待つ場合は、入金確認をまめに実施し、入金された時点でいかに迅速に出荷の対応が取れるか否か。この対応一つでお客様がリピーターになっていただけるのか、「このショップは対応が悪いから二度と買わない」となるのかの分かれ目になるのです。商品の魅力は大切ですが、ネットショップは商品を確実に届けるという事が非常に大切な作業になるのです。一度ライバル店舗で商品を購入してみてください。そこがどのように気を配って商品をお客様に届けているのか、すぐに分かります。きっと今の皆様の想像を超えていると思います。

>> 次の記事を読む

有限会社トータルネットジャパン
〒651-1301 兵庫県神戸市北区藤原台北町1-1-4
TEL 078-984-4102(平日9:00-17:00)
FAX 078-984-4122
MAIL info@tnjapan.net

ページ上部へ戻る